2/11(月・祝)ヨガへの入り口~初めてのヨガ哲学

yujuに通う方の9割が受講しています。

年に一度のヨガ哲学ファーストステップ講座です。

ヨガ哲学は「ヨガへの入り口」。

普段のレッスンではアーサナ(ポーズ)の練習がメインですが、実は目に見える“体”を通して、見えないもの“マインド・エネルギー・つながり”を学んでいます。

 

ヨガ=生きること

 

なぜヨガを始めましたか?

私達は身体を健やかに保ち、揺れ動く心をおさめる為にマットに上がります。ポーズをとり身体を動かし、呼吸に意識を向け、瞑想します。

ですがそれらはヨガの一部分なのです。

 

古くからのヨガの経典は、マットに上がる前からヨガは始まっていると説いています。

日常生活で自分の行いに注意を払い、心を整えるのも大切なヨガです。

それがヨガ哲学の中の「8つの枝からなるヨガ」で説かれています。

日常の中での行いや心もち、思考はポーズや呼吸にしっかり現れます。

呼吸が浅い、気持ちが揺れ動きやすい、頭の中の整理がなされにくい。このような状態でポーズだけをとっても気分が良いのはヨガをした時だけになりかねません。

ヨガは日常であり、生きることそのもの。

ヨガ哲学はまさに自分の取扱説明書、幸せに生きていく為のヒントがたくさん示されています。

 

はじめてのヨガ哲学の講義は年に一度だけです。

ヨガの本質である8つの柱、「ヨガ八支則」をテキストを用いながらより実践的に学びます。

ポーズだけではない、むしろポーズに生かせる昔から受け継がれているヨガの世界を今を生きる私達の智慧となるよう学びます。

 

※3月から定期的に始まる「言葉と実践のヨガ~ヨーガスートラお話し会」にご参加される方は「初めてのヨガ哲学」をあらかじめ受講することをお勧めします。

 【開催要項】

日時 2月11日(月・祝)13:00~15:30

料金 4000円(チケットはご利用になれません。)

※当日のキャンセルはできません。


 

お申し込みはこちら