8/11(土)立秋新月の瞑想~晩夏の養生玄米麹甘酒付き

立秋新月、晩夏の瞑想会です。

生まれながらにして持つ「本来の自分」に立ち返ることを目的とします。

今回の「新月の瞑想」では、禅の思想から毎日の心得を学び、座ります。また心に留めておきたい禅語をいくつかご紹介します。

 

 

また、新月は顕在意識が優位になり感情が出やすいので、そのなかで不必要なものを捨て「只管打座」(しかんたざ)ただひたすらに座りそこに在り、自他の境界と距離を超えた森羅万象に共通する認許、空の価値観に立つ大らかな心を育みます。

終了後には、夏の体を優しく労り滋養を補給する「玄米麹甘酒」を頂きながらサンガ(僧伽)共に学ぶコミュニティ・集いとして時を過ごしましょう。

 

●指導・ガイド

高嶋亜希子

宗門校を卒業後25歳の時福井県永平寺にて得度。

後9年間奈良・京都の曹洞宗参禅道場にて仏門に仕える。

京都ダンマバーヌにてヴィッパサナ瞑想10日間コース3度参加。ティク・ナット・ハン来日時、サンガにて大地の瞑想、慈悲の瞑想を学ぶ。

瞑想指導者コース修了。

現在はヨガ指導・瞑想指導・慈悲・祈りのヨガ等に学びを深めお伝えしている。

 

【開催要項】

日時 8/11(土)19:00~20:30

料金 レッスンチケットをお持ちの方はチケット+1000円

   ビジター3000円

お持ち物 座りやすい格好でお越し下さい。

 

お申し込みはこちら