9/11(日) 旅するインド音楽会

北インド古典音楽のコンサートになります。

ドゥルパド声楽の中井すがた(北海道)、シタール中山智絵(関西)、タブラ黒田真介(北海道)による二部構成のコンサートです。

 

【開催要項】

日時 9/11

開場 15:30

開演 16:00

終演 18:00

 

料金 3000円

 

会場 yuju

※お車でお越しの方は近隣のコインパーキングをご利用下さい。

会場はフローリングですがお座布団などはございません。

スタジオ備え付けのマットやブランケットはご利用になれません。

必用な方は各自でお座布団などをご持参下さい。

中井すがた

ドゥルパド(ヴォーカル)

10代より合唱や西洋声楽の指導を受け、ジャズ、ポップス、オリジナル曲を歌う。様々な民族音楽に惹かれる中、2007年インド音楽に出会い衝撃を受ける。

2009年、北インド古典ドゥルパド声楽家Shreeに師事。2010年初渡印し、北インドのヴァラナシにて、ドゥルパド声楽家でありBanaras Hindu

 Univarsity声楽科教授でもあるPt.Ritwik Sanyalに師事を仰ぐ。

その後も渡印を重ね同師の下で修行を続けながらパフォーマンス活動も行う。

中山智絵

シタール

2004年日本で南澤靖浩氏の下でシタールを学び始める。

その後北インドのバラナシにて南澤氏の師、Shravani Biswas博士に2009~2019まで師事。

声楽的な奏法と器楽的な奏法、両スタイルを取り入れた繊細なニュアンスを醸し出すShravani独自の奏法を学ぶ。

黒田真介

タブラ

2000年より、シュリ・ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディー師にタブラを師事。

現在も同師の下でタブラを研鑽中。