9/17(月・祝) 花曼荼羅とキールタンwith堀田義樹vol.3

頭の中で繰り返されるおしゃべりを離れて、心の声とつながるために深い呼吸と自然な発声で今、呼吸をしているすべての人々と共に唯一無二の自身の声を開いていく。
 そのアプローチはくまなく全身をマッサージし緊張からリラックスへと向かうヨガアーサナ(ポーズ)と似たようなもの。
大切なのは自分を変えようとすることではなくすでに内側にあるものに愛を捧げること。キルタンを「うたうヨガ」と紹介しているのはそんな”ヨガ”の大切なメッセージが共通しているからです。
今回は「声のワーク」と「キールタン」の二本立てです。
どちらかのご参加でも、両方のご参加もできます。

 

① 〈声のワーク 本来の“私”とつながる声のワーク

声は人とのコミュニケーションであると同時に自分とのコミュニケーションでもあります。

人前でお話しする職業の方や接客業の方、ヨガをはじめ様々なインストラクターの方など声を使うお仕事の方や、自分を表現することが苦手、なかなか言いたいことを言えずに生きている。自分に自信を持ちたいと思う方、あるいは声を出すのが好き!歌うのが好き!という方などなど。

義樹先生のボイスワークで、深い呼吸と、からだとこころを繋ぐ声の出し方を通し、自分と向き合い、本来の輝きを周りの方と分かち合えるように声とこころをひらきましょう!

 

② 〈花曼荼羅とキールタン コンサート〉

堀田義樹さんによるキールタンコンサート。

始まる前に参加者皆さんで持ち寄った花で花曼荼羅をつくります。

美しい花曼荼羅とキャンドルの中でのキールタンは自分の中に内在する美徳に改めて気づく時間となります。

 

「キールタン」とはサンスクリット語で“歌う”の意。

言葉そのものにパワフルなエネルギーがあるマントラ(言霊 大切な言葉)や祈りの言葉などをインドの鍵盤楽器ハルモニウムの音色に合わせてコール&レスポンス形式で歌います。

うまく歌おうとしたり、あるいは歌わなくてもその音の響きを感じてみたり、周りや自分の声を気にする必要はなく、感じるままに、導かれるまま、ありのままに参加の皆さんの声と響き合います。

キルタンは音のヨガとも言われ、歌い終わった後の心地よい静寂と余韻、内なる平和、平穏をもたらしてくれます。

【開催要項】

日時

9/17(月・祝) 

① 声のワーク 15:00~17:00 

② 花曼荼羅とキールタン 18:00~20:00 


料金

 *今回のプログラムの全ての料金は 北海道胆振東部地震災害支援のため ドネーション(自由料金・寄付)となりました。お気持ちでご参加ください。

 

・キールタンはお子様小学生まで無料

・花曼荼羅とキールタンにご参加の方はお花をご持参下さい。

・キャンセルポリシーはもうけませんが、お申し込み後のキャンセルはお控下さい。

 

場所 otaru yogastudio yuju

 

【お申し込みについて】

①、②、ご参加番号をお知らせください。

お申し込みはご予約フォームから・お子様とご一緒の方はお子様のお名前と年齢もお願いします。

・返信用アドレスにお間違いがないか必ずご確認ください。

(@docomo.ne.jp @outlook.jpからのメールが届くようにして下さい)

 

 

 

【堀田義樹さん プロフィール】

 

北海道札幌市出身。ボーカリスト/キールタンシンガー/声と呼吸の研究家/自然愛好家

家族の影響で幼いころから讃美歌と楽器に親しむ。1997年に結成したSUPER SOUL SONICSのボーカルとしてビクターエンターテイメントよりメジャーデビュー。

2004年にフリーとなり、自身の活動と並行してオファーを受け始めたボイストレーニングが話題に。現在、受講者はプロのシンガー、俳優、ナレーターにとどまらず、「本来の自分とつながるボイスワーク」が幅広い方面から注目を集めている。

2009年、グローバルボーカリスト/サウンドヒーラーGina

 Sala氏との出会いから、バクティヨガの練習で「歌うヨガ」「歌う瞑想」とも呼ばれるキールタンを始める。

たびたびインドへ渡りその学びを深め、ヨガスタジオ、ヨガティーチャーとのコラボレーションなど日本国内の普及活動も積極的に行っている。