ごあいさつ

 

「yuju」は「yoga」の語源であるサンスクリット語の「yuj」〜結ぶ・調和する〜 から由来しています。

 ご縁のあったみなさんの心と体、私達同士がつながって心満ちていくようなそんなあたたかいスタジオでありたいという思いが込められています。

 

 高嶋 亜希子-akiko takashima-

スタジオディレクター

ヨガインストラクター

ピラティスインストラクター

ヨガ/ピラティス/瞑想/メディカルサポートヨガ/エアシルクヨガ担当

 

様々なボディワークを学び、その経験を生かしながらヨガの指導をはじめて十数年。ヨガのジャンルにこだわらず解剖学に基づいた理論的な体の働かせ方を指導。また20代のころより禅や瞑想を学び、ヨガの持つ精神性をベースに心のヨガもクラスに取り入れている。

 ハンディキャップを持った方々とのヨガや市内病院での入院患者さんのための緩和ケアヨガ、がん患者さんの緩和ケアヨガ、乳がんケアのためのヨガ、原因不明の不定愁訴に悩む方のおてあてヨガ、更年期サポートヨガなど、治療や回復に向かう方のサポートヨガも行っている。

メディカルサポートヨガチームminamina所属

ハンディキャップヨガ北海道サポーター

小樽協会病院「がん患者さんのためのヨガ」担当。

 

好きなこと:sup  kirtan  simpleに暮らすこと  

 

 


 

下佐 由美-yumi shimosa-

ヨガインストラクター

ビューティペルヴィスインストラクター

骨盤調整/ビューティペルヴィス®/ペルヴィス®フローダンス担当

 

幼少よりジャズダンスを始め、様々なジャンルのダンスを学ぶ。ボディボードやスノーボードなどアクティブに身体を動かすことが大好きで、身体のトータルバランスの必要性を感じヨガを始める。マタニティさんや産後の女性に指導する中で、骨盤のケアの奥深さと重要性に気づき日本人のために考案されたビューティー・ペルヴィス®(骨盤調整メソッド)の資格を取得。骨盤のスペシャリスト、ビューティ・ペルヴィス®認定インストラクターb-i stylistとして活躍中。

 

好きなこと:キャンプ・花火・海・食べること